イベント

「BARうきは」分散型BARツアー

「BARうきは」分散型BARツアー

うきは市内の3か所をめぐる「BARうきは」が、4日間限定でオープンします。福岡市内のバーテンダーが手掛ける、うきはの素材を活かしたお酒をご堪能ください。(※分散型BARツアーへの参加については、一般受付はおこなっておりませんので、ご注意ください。)
日時 2/10(木)〜13(日)に開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みて、開催を延期させていただくことになりました。
会場 鏡田屋敷、国登録有形文化財「楠森河北家住宅」、Zelkova Coffee
集合場所 鏡田屋敷(〒839-1321 福岡県うきは市吉井町若宮113-1)
料金 無料
協力バー BAR倉吉、CITADEL、Bar Higuchi

概要

美味しい水でつくられたお酒は、美味しい。

近隣の山々から流れるきれいなうきはの井戸水は、今でも生活用水として市民に親しまれています。

恵まれた “水” そのものを味わっていただきつつ、水とともに発展した農業や製麺業、醸造業などの豊かな営みも体感していただきたく、“BARうきは” をはじめました。

柿や苺はどこでも買えるし、お酒はどこでも飲めるけれど、風合いが残る歴史的な建造物を舞台に語る穏やかな時間は、ここにしかありません。

季節とともに移り変わる営みの産物とともに、宵のうきはをゆっくりとお過ごしください。

うきはの地が、あなたを歓迎します。

各会場詳細

【 鏡田屋敷 】
当初郡役所の官舎として建てられ、明治後期に郵便局長を務めた佐藤氏が居住、その後、昭和初期に籠田氏によって居住された。平成3年の台風被害により取り壊されることになっていたが、所有者の籠田氏より市に寄付され、修復されたのが現在の鏡田屋敷。
この建物の正面部分は1863年(文久3年)に建てられ、その後明治26年(1893年)に背面の座敷や2階を増築。明治期の吉井らしい豪華な造りとなっており、うきは市の指定文化財に登録されている。

【 バーテンダー:BAR倉吉 中洲店 髙野ともえ 】
熊本県出身。高校卒業後ホテルニューオータニ熊本にて研鑽を積み(一社)日本ホテルバーメンズ協会特別顧問BAR倉吉 倉吉浩二氏に師事。バーテンダー業界では15年余りとなる中、数々のカクテルコンペティションに出場し受賞する。
2009年 HBAバーテンダー認定
2010年 BAR倉吉入社
2011年 HBA九州支部設立25周年地産地消カクテルコンペティション 準優勝
2012年 国分創作カクテルコンペティション<ザ・ヤングシニア・チャレンジ> 準優勝&作品賞

鏡田屋敷 外観
鏡田屋敷 内観
バーテンダー:BAR倉吉 中洲店 髙野ともえ
BAR倉吉 中洲店

【 国登録有形文化財「楠森河北家住宅」 】
国登録有形文化財「楠森河北家住宅」は江⼾〜⼤正期に建てられた8棟の⽊造⽡葺建物で、この浮⽻の地で800年間代々続く河北家と、その周辺地域の歴史や伝統⾏事、江⼾時代からの暮らしぶりを今に伝えている。当時の屋敷構成がそのまま残された貴重な建物として2004年に「国登録有形⽂化財」となっている。
 
【 バーテンダー:CITADEL 小原義満 】
教員を目指し大学に進学するも、アルバイトをキッカケに飲食業に興味を持ち、大学院卒業後カフェバーに就職。店長をした後バーに転職、2年半勤務した後30歳の時にCITADELをオープンさせる。2020年に法人化し、株式会社FUNKtion設立。

国登録有形文化財「楠森河北家住宅」 外観
国登録有形文化財「楠森河北家住宅」 内観
バーテンダー:CITADEL 小原義満
CITADEL

【 Zelkova Coffee 】
うきは市にある「ぶどうのたね」の一角で2014年に開業。産地の農園に赴き、生産者の想いや産地の環境などを汲み取り仕入れた豆を、土地の個性を活かして焙煎するコーヒー店。「豆売りは日常のお手伝い、喫茶は非日常のお手伝い」として、コーヒーに関わる人がゆったりとできる “余韻” を提供する。

【 バーテンダー:Bar Higuchi 樋口一幸 】
Bar Higuchi オーナーバーテンダー。九州最大のウイスキーの祭典「ウイスキートーク福岡」の実行委員長や、東京ウイスキー&スピリッツコンペティションの公式審査員を務めるほか、福岡・博多の飲食文化や芸術文化、風景、歴史に関する情報を発信する非営利団体、福博ツナグ文藝社の代表も務める。

Zelkova Coffee 外観
Zelkova Coffee 内観
バーテンダー:Bar Higuchi 樋口一幸
Bar Higuchi

宿泊セットプラン

上記ツアーとセットで、下記の宿泊施設をご予約いただけます。ツアー申込時に、合わせてお申し込みください。(各日限定1組ずつ、先着順)
※福岡県内に宿泊の際は、お一人様一泊200円の宿泊税を頂戴しております

宿泊施設うきは小塩の灯り
URLhttps://ukiha-kojionoakari.com/
概要うきはを思い切り楽しむための拠点。1日1組限定、1棟貸しのコテージです。うきは市の中でも小塩地区はホタルの里として知られ、様々な生き物がすむ地区として環境省の「重要里地里山」に選定されています。豊かな自然に囲まれており、周囲に気兼ねなくお過ごしいただけます。
所在地福岡県うきは市浮羽町小塩2158-2
料金2名1室25,000円(食事なし、キッチンあり)
宿泊施設みなも 堀江邸
概要せせらぎに癒される水辺の住処。かつて診療所を営んでいた家族の住まいとして建てられた、築100年を超える1棟貸しの客室です。縁側と寝室から望む庭園では四季の移ろいを感じ、佇む建物からはときの流れを感じられます。
所在地福岡県うきは市吉井町若宮118
料金2名1室33,500円(食事なし、キッチンあり)

アクセス

集合場所:鏡田屋敷(〒839-1321 福岡県うきは市吉井町若宮113-1)

○公共交通機関でお越しの方
・JR九州「久留米駅」から久大本線に乗車。「筑後吉井駅」から徒歩約20分もしくはタクシーで約5分。
・「西鉄久留米駅」から、西鉄バス[20]「吉井営業所行き」もしくは「浮羽発着所行き」に乗車(約60分)。「吉井営業所」で下車し、徒歩約5分。

○お車でお越しの方
・大分自動車道「朝倉」ICより約15分。無料市営駐車場「白壁交流広場駐車場」もしくは「うきは市文化会館駐車場」に駐車し、徒歩約7分。

連携ホテル

注意事項

● 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、イベントの開催を中止させていただく場合があります。
中止の際は、当ホームページおよびSNSでお知らせいたします。

● 本イベントでは感染症対策を徹底するため、イベント当日受付の際に、参加者全員分の「ワクチン接種証明書(※1)」または「受付前72時間以内PCR検査もしくは抗原定性検査(※2)陰性証明書」を確認させていただきます。
※1 ワクチン接種証明書または2回の接種終了が分かる接種券や記録書、接種済証等(コピー可)
※2 抗原定性検査キットを用いる場合は、厚生労働省による薬事承認されたものを用いてください。

● 下記に該当される方は、ご来場をお控えください。
1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱のある方
2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)の症状がある方(新型コロナウイルス感染が疑われる症状のある方)
3. 直近 14 日以内に感染者、または感染が疑われる方と濃厚接触した方
4. 直近 14 日以内に海外へ滞在した方、または滞在した方と濃厚接触した方

● 感染防止の為、ご飲食時以外はマスクのご着用をお願いいたします。
● 各会場の入り口に消毒用アルコールを設置しておりますので、手指消毒をお願いいたします。
● 会場にて万が一体調が悪くなった場合、速やかにお近くのスタッフにお声がけください。
 
皆様に安心してイベントをお楽しみいただくために、ご理解、ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

主催株式会社tsumugi
事業観光庁 既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業
企画協力公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー、福博ツナグ文藝社